青い空なんか嫌いだーーー、そう思ってた時期がありました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

WGL新シーズン

2016 - 2017 第二シーズンは、年明け早々から始まるらしい
どのチームも準備期間の関係から年末年始大変でしょうな

さて、先日モスクワで行われた「Champions Rumble」だが、
"Navi"を下して優勝したのは"Hellraisers"改め"TORNADO ENERGY"

両チームとも初戦はヒメルズ、ゴーストを隠した形で勝ち上がり、
迎えた決勝では"TORNADO"が選択するタクティクスを注目していた

防衛でE100、攻撃でFV4005を使う形でのヒメルズで2本連取
特に攻撃では時間ぎりぎりながら攻め切り、
ヒメルズでの地力の差が出ていると感じた
防衛では他にE5を採用した形など、常に新しいタクティクスを先んじて
提供している"TORNADO"のヒメルズは、今後も要注目

そして、ゴースト攻撃でも従来より採用されにくくなったE100を
組み込んで、"Navi"に何もさせず勝利
先シーズン猛威を振るっていた113+50bの組み合わせだが、
街マップでのE100の復権を予見させそうな運用だった

メタは回る、そうよく言われるが、街マップでの113を中心とした戦いに
次のシーズンで変化が出てくる可能性が高い
では、一体何が来るのだろうかを注目ポイントとして楽しんでどうぞ

なお、IS4、215bにとっては未だ受難の時代である

World of Tanks | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Champions Rumble ヒメルズドルフ/TORNADO側防衛解説 | HOME | CWC5キャンペーン終了>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。